ドコモのフィッシング詐欺にあった時に警察へ行った話

未分類
りょち
りょち

ドコモのフィッシング詐欺にあった際に、
返金対応前に警察へも届出に行きました。
その時の警察署でのことなどなど。

以前の記事

詐欺にあったらどうするか?

詐欺にあって1週間、
返金対応の為の
捜査待ちだった頃〜
私は呑気に親友らと
スノーボードに行きました。
ストレス発散の為ですね。
溜め込んでいてはよくありません。

その時に、
今回の詐欺被害についてネタ的に話しをして、

重課金かよw

スクエニとかFFか星ドラか⁈

なんて笑っていたのですが、
イケメン消防士が
”警察にも届けといた方がいいよ。”
とアドバイスをくれました。
”来年の年間特殊被害額***万円の内7万円がりょちの分だw”
って言いながら。
さすが公務員。イケメンかよ。
ドコモで捜査されると言われたので、
警察に届け出るなんて
全然考えていませんでした。
でもよくよく考えると行くべきですよね。
ってことで翌日警察へ〜

ちなみにボードに行った日は、
親友らから義援金として
ガソリン代を多分に貰っちゃいました。
お前らありがとうな…泣

いざ警察署へ

翌朝、最寄りの警察署へ行きました。
警察署なんて、
免許の更新をする場所にしか
行ったことなかったので緊張しました。
この日は日曜日でしたが、
警察署には警察の方が
大勢いらっしゃいました。
毎日ご苦労様です。

警察署へ入り、
受付的なところで
まずは用件を伝えました。

フィッシング詐欺に遭いまして、
被害届けに来ました。

と伝えると、
どんな内容でどんな状況ですか?
と聞かれ、受付で一連の流れを話しました。
もっとまとめて話せればよかったのに…
伝えるとは難しい。

受付の警官さんが、
担当の方に繋いでくれて
署内の担当部署に通されました。
言われた場所へ行くと、
捜査員と言われる警察の方が待っていて下さり、
小さな部屋へ案内されました。
ドラマなんかの取り調べ室とか
そういったところではなく、
普通のオフィスみたいな部屋でした。
簡単に言うと市役所と同じ感じです。

そこで捜査員さんへ一連の流れを説明。
捜査員さんも調書メモ?
みたいのを書きながら、
親身に聞いてくれました。
本当にお忙しいようで、
途中出入りされたり、
他の方に代わったりとバタバタしていました。

1時間くらいかな?話しをした最後に、
今回の問題をどうしたいか?
といった話しになりました。

お金を返してもらいたいか?
犯人を捕まえたいか?

私は単純に
返金されればいいと返事をしました。

犯人を追うというのは
悔しいですが、現実的に難しいと思っていたからです。

そういった話しの結論として、
警察としては現状犯人を追うことは難しいので、
ドコモからの捜査の
結果を待ってほしい。
もし返金対応されなければ、
その他に被害届けを受けて
特殊詐欺として捜査に入ります。
返金されれば今回は
被害相談として記録だけ残します。
ということでした。

最後に記録として
33通に及ぶ詐欺被害領収書メールを
1通ずつデジカメで
写真に撮って下さいました。

正直、警察に対しては以前に車のネズミ捕りで捕まったこともあり、あまり良い印象はなかったのですが、今回の件で優しい警察官もいるんだな。と見直しました。被害にあった時の頼もしさたるや…犯人をバシッと捕まえてくれたら言うことないんですが…

~その後~

結局ドコモから返金対応されたので、
その後は被害届けも出さずに済んでいます。
ですが、もし同じようなドコモの詐欺被害や
フィッシング詐欺被害に
遭ってしまった方がいたら、
警察に相談に行かれることをオススメします。
話しを聞いてもらうだけでも
気持ち的に安心出来ます。

りょち
りょち

これを見て同じ被害に
遭う人がいなくのることを
本当に願います。

おい、犯人。
絶対許さねぇからな!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました