【人生100年時代?】どう備える?

りょち 未分類
りょち
りょち

私がふと思ったこと。



普段、高齢者と関わることが多いのですが、われわれ現役世代が100歳まで生きる時代になったとしてどう準備しておくと良さそうか、なんとなく考えてみました。

結論
  • お金をためておく
  • 身体を鍛えておく
  • 家族と仲良くする(結婚し、子どもをつくる)
  • 趣味を持ち、楽しんで継続する
  • 仕事をし続ける

お金をためておく

言わずもがな、お金があれば安心感は大きいですね。
実際、お金の問題で必要なサービスを十分に受けられない高齢者もいるように感じます。
このあたりは想像しやすい点かと思います。
地獄の沙汰も金次第。

身体を鍛えておく

これも当たり前なことですね。
健康な状態をキープできれば、長生きしても困ることは少ないです。
医療・介護が必要な状態から遠くにいることが大事です。
筋量が多いと、突然療養が必要な状態になっても回復が早くなったり、社会復帰が早くなることも知られています。

家族と仲良くする(結婚し、子どもをつくる)

これは介護が必要になっての状況を想像してですが、
家族の協力が大きい方がより自分の希望に沿った生活を送れます。
家族との関係性がうまくいっていないが故に
施設に入らざるを得ない。自宅にいても寝かされっぱなし。
そんな方も多くいます。

趣味を持ち、楽しんで継続する

趣味を続ける高齢者は強いです。若い。
少々、体調が悪くても趣味のために鞭打って
体を動かしちゃいますもんね。
趣味が出来なくなっても、思い出話として
趣味のことを話して下さる方も生き生きして
とても楽しそうです。
趣味を持つだけで幸福感が違うみたいです。

仕事をし続ける

仕事してる高齢者は最強ではないかと。
身体は動くし、頭は冴えているし、
どんだけ動くんだと。
体調を崩して寝込んでも
仕事のために出てきちゃいますからね。
生きがい。といって仕事をしている方は最強です。
そんな高齢者はたいていお金持ちですし…

現在の現役世代が高齢化するころには、
医療の進歩やAI技術の発展等で
今とはまるで違う生活になっているかもしれませんが、
いま感じたことを上げてみました。
年金の破綻や医療費の高騰で
今より苦しい老後生活にならないといいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました