ヘルパンギーナと手足口病の疑い

未分類
りょち
りょち

今週、うちの子が熱を出しました。

ついに熱発した

体を触るといつもより熱く、
熱発しているのがすぐにわかるくらい。

検温して高かったところで、39.5℃。

幸い子どもは
笑うし、寝るし、ミルクも飲んだ。

ただ、明らかに元気はなくて、
妻に様子を見てもらって、
昼間に病院へ行ってもらいました。

確定診断ではありませんでしたが、
先生からは、
ヘルパンギーナか手足口病。
熱はもう少しで解熱するでしょう。
ぐったりするようなら再受診して〜。
といった具合の話だったようで、様子を見てます。

受診翌日から解熱して、
だんだん元気を取り戻しつつある我が子ですが、
全身的に発赤が!

手足口病なのか、はたまた違う湿疹なのか…

まぁでも本人は気になってないようなので、大丈夫でしょう。
と楽観的に様子をみてます。

以下に病院で頂いた資料を下記にまとめました。

ヘルパンギーナ

・週間平均気温が
 18度を超えるようになる
 初夏に流行し始める
 季節性の強い『夏風邪』の代表。
 春から夏にかけて多く発生し、
 流行のピークは7月頃です。
・潜伏期間:3-6日
・病原体:主として
 コクサッキーA群ウィルスが原因。
 原因となるウィルスが
 複数あるため、
 再発することもある。
・感染経路:糞口(経口)感染、
 飛沫感染、接触感染
・症状:突然の発熱で始まり、
 1〜3日で熱は下がりますが、
 口の奥に小さな水泡ができ、
 その後赤くなります。
 年長児では、咽頭痛を訴えますが、
 年少児では、のどの痛みから
 食事を食べなくなります。
 よだれが増えることがあります。
 この場合には水分摂取を優先させましょう。
 冷たいもの、甘いものは
 受けつけやすいので、
 摂取しやすいかたちで与えて自然治癒を待ちましょう。
・治療:有効な治療法はありません。
・登園基準:全身状態が
 安定している場合、登園可能。
 咽頭は発症後1〜2週間、
 便は発病後3〜5週間
 感染性はあるので注意が必要。

手足口病

・春〜秋に流行します。
 流行のピークは夏季です。
 10歳以下の子どもに多く認められます。
・潜伏期間:3〜7日
・病原体:コクサッキーA16型ウィルス、
 エンテロウィルス71型
 などが原因となります。
・感染経路:糞口(経口)感染、
 飛沫感染、接触感染
・症状:発熱がみられることもありますが、
 ない場合の方が多く、
 1〜3日で解熱。
 口の中全体に口内炎が
 数個〜10個程出現し、
 手の平や足の裏には小さな
 水泡がみられます。
 肘や膝、お尻にみられることもあります。
・合併症:髄膜炎や脳炎
・治療:有効な治療薬はありません。
・登園基準:熱が下がり、全身状態良好なら、
 登園や登校はできます。
 咽頭は、発病後1〜2週間、
 便は発病後3〜5週間
 感染性はあるので、注意が必要。

りょち
りょち

これから色んな病気にかかって乗り越えていくんだろうな〜
自分がそうだったように、子どもも人間として大きくなっていくんですね。

コメント

  1. […] ヘルパンギーナと手足口病の疑い ryomosanblog.com2019.08.23 […]

タイトルとURLをコピーしました