ポータブル電源のススメ~防災・アウトドア・キャンプに~

未分類
りょち
りょち

今回は防災の備えとして
ポータブル電源の紹介です。



公式サイトはこちらから

2019/9/9関東を直撃した台風15号特に千葉県に被害が大きく、大規模な停電が続いていると報道されています。

停電による被害は、飲料食料の保存や空調機器、照明等、多岐にわたりますが、携帯・スマホの電池切れも大きな障害となり、情報不足や通信不通といった被害となっています。

これまでにも、震災等大きな災害が起こるたびに防災への備えを色々なメディアから喚起されても、その都度備えきれていない面が見えてきます。自分もそうですが、そのうち揃えれば…なんて考えたりしちゃいますね。でも被災してから、準備しておけば…と後悔しても仕方ないですよね。今備えられるものは今のうちに。

今回はポータブル電源の具体的な使用方法を見ていきたいと思います。

現在ポータブル電源は何種類も販売されていますが、今回は我が家にあるスマートタップ パワーアーク を例にあげて考えてみます。

私がポータブル電源の購入した理由の1つに防災への備えがありましたが、それだけでなくキャンプでの使用も念頭にありました。ですが、購入の理由が何にせよ、ポータブル電源を持っていることは、電気が必要な現代では大きな安心になっています。

パワーアークのパッケージには利用法としてこれだけの用途と稼働時間がこんなに!

まずは照明用として、LEDライト・LEDランタンが150〜180時間(消費w.vによる)停電復旧までなら、十分な稼働時間に思えます。また、パワーアーク自体にも1wのLEDライトが標準装備されています。

暑い季節にはミニ扇風機が約30時間。ミニ冷蔵庫が約11時間。なんとか熱中症予防に使えるでしょうか。ただ時間数だけでみると、復旧目処がわからない災害時の実用性は低く、あくまでアウトドアレジャーとしての要素が大きく思えます。

TVは約6時間視聴できるので、情報収集も十分に可能です。スマホ充電について記載はありませんが、ノートパソコンフル充電23回とあるので、同等の充電回数は可能と考えられます。TV、スマホともに回線が生きていればの前提つきだすが、情報収集可能となりますね。

今回の台風報道で多く見られたのが、スマホ充電待ち。ポータブル電源、せめてモバイルバッテリーを持っているだけで、暑い中での行列は回避出来ると思います。今からでも備えることはすぐに出来ます。

今回例にあげたパワーアークに限らず、何かしら非常用電源、持ち運べる電源を用意することを強く推奨します。

公式サイトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました